Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART2
 
              
 
 
オーストリア
 
ウィーン
 
 
 
 
動  画
 
 
 
 

ウィーン ベルヴェデーレ宮殿

ベルヴェデーレ宮殿は、1683年のオスマントルコの第2次ウィーン包囲で始まった戦争を勝利に導いた将軍プリンツ・オイゲンの夏の離宮として18世紀初めに建設されましたが、その後、皇后・オーストリア大公マリア・テレジアに売却されました。バロック様式の宮殿で、上宮、下宮の2つの建物からなり、現在は上宮はオーストリアで2番目に大きな美術館のオーストリア・ギャラリーに、下宮は中世バロックの美術館になっています。ラテン語で「美しい景色」という名の宮殿で、上宮と下宮の間の斜面に広がるバロック庭園の眺めの美しさが有名で、世界10大美景と言われています。
上宮のオーストリア・ギャラリーを見ましたが、グスタフ・クリムトの代表作「接吻」やエゴン・シーレの「死と乙女」などの19~20世紀の絵画が展示されていました。

 
ベルヴェデーレ宮殿   ベルヴェデーレ宮殿
 
庭園   庭園の泉
 
庭園の彫刻   庭園の彫刻
 
庭園の彫刻   ウィーンの街の眺め
 
庭園の彫刻   ウィーンの街の眺め

 
Copyright (C) 2013 Yagishita. All Rights Reserved.