Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART2
 
              
 
 
ハンガリー
 
ブダペスト
 
 
 
 
 
 
 
動  画
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブダペスト ドナウ川とくさり橋

ブダペストの真ん中を流れるドナウ川。くさり橋は、ドナウ川で最初に架かった吊り橋で、1849年に開通しました。夜間ライトアップされ、連なる電球が鎖のように見えることからくさり橋と呼ばれています。橋の両側のたもとにあるライオン像(合計4頭)は1852年に設置されました。このライオン像に関して、舌がないので人々が彫刻家をからかい、彫刻家はドナウ川に投身自殺してしまったという逸話が有名だそうです。像を見上げると舌が見えませんが、実際は舌があるそうです。
くさり橋からは、ブダ地区にある王宮、マーチャーシュ教会、漁夫の砦、ペスト地区にある国会議事堂などを見ることができます。

   
  ペスト側のライオン像   くさり橋
   
  くさり橋から見た王宮   ブダ側のライオン像
   
  くさり橋から見た国会議事堂   くさり橋から見た国会議事堂
   
  ゲッレールトの丘から見た
王宮とくさり橋
  ゲッレールトの丘から見た
くさり橋

 
Copyright (C) 2013 Yagishita. All Rights Reserved.