Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART2
 
        
 
     
 
 
ヴェルサイユ
 
 
 
 
 
 
 
 
動  画
 
 

ヴェルサイユ庭園

ヴェルサイユの庭園は、ルイ14世が宮殿と同じほど重要であると考え、1661年に設計と整備をアンドレ・ル・ノートルに命じました。庭園の工事は宮殿の建設と同時期に進められ、完成までに40年ほどかかりました。造園に携わったのはノートルだけでなく、1664~1683年までは、王用建築物監督官であったジャン=バティスト・コルベールが工事を指揮し、1664年に国王の主席画家に任命されたシャルル・ル・ブランは、彫刻と噴水の大半の図案を描きました。その少し後には、建築家ジュール・アルドゥアン=マンサールが、より簡素なスタイルの景観の設計を行い、オランジュリーを建設しました。庭園は、人工的に整形された植栽、幾何学模様の花壇、左右対称に配置された泉など、典型的なフランス式庭園こなってます。大小の運河、大理石や青銅の彫刻を配置した噴水や池、多数の植栽、 園内に張り巡らされた遊歩道など広大な美しい庭園です。

 
南花壇   南花壇
 
南花壇   南花壇
 
南花壇   オランジュリー花壇
 
水花壇   水花壇
 
動物の戦い   動物の戦い:鹿を殺す猟犬
 
ラトナの泉水と
王の散歩道(緑の絨毯)
  ラトナの泉水
 
バッカスの泉水   ケレースの泉水

 
Copyright (C) 2013 Yagishita. All Rights Reserved.