Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART2
 
           
 
       
 
 
 
バルセロナ
 
 
 
 
動  画
 
 
 
 
 

 


カサ・バトリョ

  バルセロナは、スペイン北東部に位置するカタルーニャ州の州都です。紀元前20年頃、ローマ人がやってきて植民都市パルキノを建設したことが、バルセロナの起源となりました。その後、西ゴート王国、ウマイヤ朝、フランク王国などに支配されましたが、10世紀末にフランク王国から独立し、11世紀にはバルセロナ伯領を中心とするカタルーニャ君主国を確立させました。これが現在のカタルーニャの源流となりました。
19世紀には産業革命が起こり、数多くの新しい産業が導入されて成長しました。20世紀の初頭には、カタルーニャ人が自治と文化的表現の自由の拡大を求めて騒乱を起こし、バルセロナの復活が明確になりました。1970年代の反政府運動と独裁者フランコの死去をきっかけに、バルセロナは文化活動の中心となり、今日のように繁栄する都市となりました。
ガウディをはじめとする近代建築家たちは、多くの建築物を街につくりました。バルセロナの歴史的建築物は、イスラム美術とゴシック美術をミックスした独創的な建築様式が特徴であるモデルニスモ(アール・ヌーボー)の建築物です。モデルニスモの巨匠であるガウディが建築したサグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ・バトリョ、カサ・ミラを訪ねました。

 
Copyright (C) 2015 Yagishita. All Rights Reserved.