Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART2
 
           
 
       
 
 
 
バルセロナ
 
 
 
 
動  画
 
 
 
 
 

バルセロナ カサ・バトリヨ

実業家ジュゼップ・バトリョ氏の依頼により、ガウディが1877年に建てられた邸宅を1904~1906年に改築しました。建物に5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直しました。
海をテーマにデザインされていて、波打つ正面外壁には、赤、青、白などのタイルやガラスがはめ込まれています。屋根には、カラフルな煙突や通気口があります。鱗に見立てた屋根瓦はドラゴンの背のような形をしています。各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施しています。
階段を上って、暖炉がある小さなサロンを通リ抜けると、2階に大きなメインのサロンがあります。グラシア通りに面していて、直線のない大きな窓から下がよく見えます。サロンの天井全体が、らせん状に渦巻いてとても優美な感じがします。中庭に面した建物の壁は、青いタイルが張られ、上に行くほど薄い色になるグラデーションになっています。裏庭のテラスには、トランカディスという破砕タイルのモザイクで造られたオブジェなどがあります。

 
カサ・バトリョ   カサ・バトリョ
 
階段   暖炉
 
サロン   サロン
 
サロンの天井   サロン
 
サロン   サロン
 
建物の裏側   中庭 建物の中側
 
裏庭テラス   裏庭テラスのオブジェ

 
Copyright (C) 2015 Yagishita. All Rights Reserved.