Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART2
 
           
 
       
 
 
 
トレド
 
 
 
動  画
 
 

トレド トレド大聖堂

サンタ・マリア・デ・トレド大聖堂は、13世紀のフェルナンド3世時代に着工し、15世紀に完成しました。スペイン・カトリックの総本山です。中央礼拝堂は、祭壇の彩色彫刻が人目をひき、中央を囲むように22の礼拝堂が並んでいます。陽光にはえるステンドグラスは、15〜16世紀のものです。礼拝堂の両側には、パイプオルガンが設置されています。
聖器室と次の間は、絵画館になっていて、大天井には、ルーカ・ジョルダノによるフレスコ画が描かれています。グレコの傑作「聖衣をはぐ人」をはじめ、ゴヤ、ヴァン・ダイク、ルーベンスなどの作品が展示してます。
中央礼拝堂の後側には、トランスパレンテと呼ぶ大理石のバロック調の彫刻群があり、外からの光がさしこむようになっています。宝物室には、金銀の財宝が陳列されています。その中で、高さ3メートル重さ180キロもある16世紀の「アルフェの聖体顕示台」は、年に1回だけ、聖体祭の折に戸外へ持ち出されます。

 
大聖堂 
 
中央礼拝堂祭壇   中央礼拝堂祭壇上部
 
中央礼拝堂祭壇の彩色彫刻   トラスパレンテの祭壇
 
パイプオルガン   パイプオルガン
 
パイプオルガン   パイプオルガンまわりの彫刻
 
パイプオルガン   聖歌隊席
 
宝物室
アルフェの聖体顕示台
  絵画室
グレコ「聖衣をはぐ人」
 
絵画室 天井画   絵画室 天井画

 
Copyright (C) 2015 Yagishita. All Rights Reserved.